食べ物(食事)で痩せるには

ルミルミ

こちらでは痩せる食べ物や、食事で痩せる方法など、つまり摂取カロリーを減らす工夫をして痩せる方法や考え方を紹介していきます。

繰り返しになりますが、(消費カロリー)-(摂取カロリー)=マイナスになれば痩せていくので、どうすれば摂取カロリーを少なくすることができるかにフォーカスしていきます。
kousogirl

痩せる食べ物

痩せたいときにオススメの食材

たんぱく質
  • 卵 tamago

卵は高タンパク低カロリーのダイエットに最高といわれている食材です。ひとつのカプセルの中に素晴らしい栄養素が含まれている魔法のカプセルと思ってもいいくらいです。

  • 肉類 gyuuniku

もうご存知の方も多いと思いますが、お肉は脂身でなければ高タンパク質で、特に牛肉と鶏肉はアミノ酸スコアも高くダイエットに非常に有効な食材です。気をつけたいのが、例えば牛肉なら赤身を選ぶこと。霜降り肉を食べていては脂が多すぎるで痩せるという観点からいうとだめです。豚肉もビタミンが多く含まれていていたりと決して牛や鶏に劣るわけではない良いお肉なのでぜひ摂るようにしましょう。特に運動した前後に食べると良いです。

  • 魚介類 sashimi

魚だけでなく、イカや貝類も非常にタンパク質が多く含まれている食材です。魚介類の良いところは脂質が少なめであるということ。とはいってもマグロなどはトロなどは脂も多いので意外に要注意です。イカや貝類は身体によい栄養もたっぷり含んでいますので、お肉だけでなくこの魚介類も混ぜて摂取しましょう。

  • 豆類 natto

大豆に代表される植物性たんぱく質が多く含まれていて、こちらも日々の食事で積極的に摂りたいものです。納豆などはとても身体に良いといわれています。しかし、脂質が意外と多いので食べ過ぎはよくありません。動物性タンパク質だけにならないよう植物性タンパク質も豆類で摂取しましょう。

ダイエット食品をうまく利用する

プロテイン


通常のプロテインよりもビタミンなどのその他の栄養素も含まれているものの方が、ダイエットに関しては健康面や美容面でベターです。ダイエットシェイクとも呼ばれます。こちらも、夜寝る前の空腹がどうしても我慢出来ないときに飲むと良いです。

ヘルシーバンク(株)アドバン
マイクロダイエット(株)サニーヘルス
プロテインについてもっとみる

酵素サプリ・酵素ドリンク


酵素アイテムは、よりタンパク質が少なく身体に必要な酵素のみを摂るようにしたものです。美容を保つ栄養素を最低限摂りながら、極力摂取カロリーを抑えようというものです。

筋肉量の少ない女性や、プチ断食などによりスピーディにとにかく数kg痩せたい方にオススメです。

食べずに酵素ドリンクだけにすると筋肉も落ちるので、その後のケアが大事になってきます。

お嬢様酵素 (株)リバランド
ベルタ酵素ドリンク (株)ビーボ
優光泉(ゆうこうせん) (株)エリカ健康道場

酵素で痩せるには

スムージー


ほどよく”食べたくなくなる”ことができるのでオススメです。

実際にスムージーを作って毎日飲もうとすると費用や手間がかかる(野菜や果物を常に購入し続けるのは結構お金がかかる)ことから辞めてしまう方も多い。

忙しい方にはビタミン・ミネラル・酵素などの身体に欠かせない栄養をたっぷり含んでいて一日あたりの値段の安い市販のスムージーのもとがオススメです。

NaturalHealthyStandardスムージー (株)Tenderly

 

ダイエット食品を使用するときに大事なことは

上記のいずれをとりいれるにしても、

共通なポイントは、きちんと栄養素を取りながらかつ低カロリーであることです。

基本的に、タンパク質は筋肉やカラダを作るので不足にならないようにすること。

ビタミンやミネラルも欠かすと良いことがないものなので気をつけること

敬遠されがちなもちろん炭水化物や脂質も身体にとっては必要なものなのですが、どうしても一般的な食事といわれているものには多い割合でふくまれていることが多いので気にしなくても十分もしくは多すぎるくらいに摂取しがちなものです。

痩せる食生活には”ひずみ”はつきもの

この社会の中で暮らしているとどうしても糖や脂を多くとりがちになってしまいますが、そこを変えていく必要があります。

一般的なものではない食事をしていく必要があるので、少し無理やストレスが生じがちになるのです。

例えば、友人と”一般的な食事”をしに行けば、どうしても炭水化物や脂質が多い食事になってしまうのです。

ルミルミ

例えば、ラーメン、定食、パスタ、ピザ、お寿司、、、、どれも私も好きなのですが、栄養価として考えたときに糖と脂質が多すぎます。

お寿司はネタはいいのですが酢飯は摂りすぎてはいけないし。

ラーめんは、、、美味しいけどほとんど麺ばかり食べるのでオススメできません。

たまににしまようね。

仕方ないときは卵やチャーシュー、野菜が多いメニューを選びましょう。

どれも美味しいし人気のあるメニューなのですが、痩せようという考えの暮らしのなかではどれも糖や脂質が多すぎる割合で含まれているのです。

痩せる食事の仕方

私がオススメしている食事法というか、、、コツです。

それは、

食事のとき、もしくは食前にヨーグルトや野菜、果物を15分前に食べてしまうことです。

ルミルミ

15分たつと少量でも意外なほど満腹に感じるので不思議です。

なので食べ過ぎでしまう方はぜひ試してみてください。

その他の方法でもいいので、最初に口にしたものから15分経過してから食べるということにフォーカスしてみてください。

サラダを食べたら、お箸を置いて手を太ももの上に置く。もぐもぐもぐ、、会話などもして15分経過させてみましょう。

 

これ、血糖値の急上昇にも効果があって、血糖値をゆるやかに上げる食べ方でもあるので色々な意味で身体にいいのです。