applecabbage
【リンゴダイエット、キャベツダイエットの失敗談】

リンゴダイエットは元祖フルーツダイエットではないでしょうか。若かりし頃にやられた方も多いかと思います。私も当時中学生か高校生くらいでしたが、クラスの女の子がリンゴをお昼にせっせと食べていた記憶があります。

リンゴにしろキャベツにしろ、とてもダイエットには最適の食材ですが、3食ともこれだけでは正直栄養は偏りますね。それは当然です。タンパク質がほぼありませんし、脂肪もない。炭水化物は少々摂取できるでしょうが、あとは水分と食物繊維。細かいビタミンを除けば主要栄養素はほぼほぼ入っていないと思ってもいいのです。

このダイエット方法は、予めキャベツやリンゴを食前にゆっくりと味わった後に普段の食事を摂ると満腹感が得やすいので、無理なくダイエットは出来るはずです。満腹中枢を刺激するには『噛むこと』が重要ですから、それを考えるとリンゴやキャベツは非常に有効です。ただし、ジュースにしてしまっては噛むことがないのでもったいないですね。

あとは食べ方です。温野菜にするより生の方が良いかと思います。先ほどの食感です。しかしそれでは飽きてしまうでしょうから、味に工夫が必要となります。キャベツは良いのですが、リンゴの場合はそうもいきません。ですから、キャベツとリンゴを交互に使うなどして工夫すればよいと思います。