rice5
以前もお話致しましたが、炭水化物は悪ではありません

最近のアメリカの調査結果で炭水化物を減らすより脂質を減らした方が痩せやすいという結果が出たそうです。

私からしてみたら、「今更その調査結果?」と言いたくなってしまいます。

しかし、実際の食生活において脂質を減らすことと言うのは意外と大変なのです。

故に炭水化物を減らした方が手っ取り早いんですね。

炭水化物は1gあたり4kcal、脂質は9kcalです。当然脂質を1g減らした方が倍以上のカロリーをセーブできます。

炭水化物は唯一の「脳」のエネルギーです。また、長期間摂取しないと体臭がひどくなり、さらには心臓疾患になり得るものです。
ボディビルダーなどは筋肉を作るために極力炭水化物を控えて体脂肪を落としていきます。そして体脂肪率6~7%と言われていますが年中この体脂肪率ではなく大会などのイベント時に身体を作るそうです。

炭水化物を怖がらずに、適切に摂取して脳にエネルギーを与え、ビタミンB1、B2を同時に摂取することで代謝を促しエネルギーに代えるのです。

もう一度言います。炭水化物は悪ではありません。炭水化物を減らしているのに痩せないという方、もしかしたら他の食べ物が多いのではないですか?もう一度見直してみましょう。