yasai

ルミルミ

食事をとる前に野菜から食べた方が良いと言われていますよね。

それは、仕組みとしてはいきなり炭水化物を摂取すれば、血糖値が急上昇するからだそうです。

先に野菜を採ることで血糖値の上昇をゆるやかにするためです。

これによって後の空腹感の感じ方が緩やかになったり、結果的に食欲が急激にくるのを抑えられたりして、痩せるのに良い食べ方だということです。

野菜から食べて痩せるかはっきりとは言えないようですが、その方が結果的に食べる量が減るのだと思います。

そして、野菜ならどのような食べ方でもいいというのではありません。

つき合わせ程度の量ですとあまり効果はないともいわれています。

量としてはサラダボールいっぱい食べないと効果がないと言われています。

後は、味つけです。ドレッシング、マヨネーズ、シーチキンなど油分が多いのはかえって逆効果。

ポテトサラダなんてものはダメです。じゃがいも、マヨネーズ太る原因です。

醤油だって、塩分があって健康に良くない。

野菜をとれば、何でもオッケーというわけではないと認識した方がいいです。野菜を毎日、毎食食べたら飽きるとういう人がいると思います。

私は、昔から野菜が好きなので、生やドレッシング無でも美味しく食べれます。

かえって外食でサラダを注文すると必ずドレッシングがたっぷりかかっているので、注意することをオススメします。

慣れなのかはわかりませんが、極力味付けは無で食べた方が、ダイエットや健康面にも効果があると思います。

どうしてもという方は、私の毎食の夕飯メニューで試してみて下さい。

千切りキャベツにスライスオニオンとおかか。本日のおかず(例:きんぴら、煮物、焼肉、フライなど)全部そのサラダの上に載せて、おかずの出汁だけで食べます。

炭水化物は夜は食べない。

それだけで結構お腹がいっぱいになります。

特におすすめがカレーキャベツです。ライスの変わりが千切りキャベツです。

本当に美味しいのでぜひ試してもらいたいです。

但しカレーのじゃがいもは食べない方がいいと思います。本

ルミルミ

美味しいから食べたいのですが、ダイエットするなら食べない選択をする。こんな考え方が良いのかもしれません。