けんたけんた

8時間以内に食事をすませるなら、特に厳しい決まりはないという8:16ダイエット。

 

アメリカのデイビッド・ジンチェンコ氏によって提唱された「The 8- hour Diet」が元。

 

けんたけんた

では、8:16ダイエットとは具体的にどんなダイエット法なのでしょうか、






8:16 ダイエットとは

1日24時間のうち8時間は食べていい時間。

残り16時間は何も食べないというのが「8:16ダイエット」です。

8:16ダイエットの例

8:16 ダイエットの例としては、

・11:00~19:00の間に食事をすませる
・19:00~11:00 食事をしない

このような感じになります。





8:16ダイエットの効果

このダイエットの何が効果的かというと、
・食べる時間が短いため、必然的に食べる量が少なくなる。
・16時間、胃腸を始めとする内臓を休めることができるため消化活動を休ませることができる。

けんたけんた

つまり、毎日プチ断食を行うのに近いダイエット方法です。

16時間食べないのが辛いと言う方は9:15 ダイエット、10:14ダイエットから始めても効果はあります。

8:16ダイエットをより効果的にするために

もちろん、食事の時間を8時間に制限したからと言って、その間に暴飲暴食をしては意味がありません。

けんたけんた

できるだけ体に良いものを適量食べるようにしましょう。

また、老廃物を排出してむくみを解消するために、こまめな水分補給も必要です。

この時の水分補給はカロリーのない水、お茶、コーヒー(砂糖、クリーム抜き)を取るようにしましょう。

できれば内臓を冷やさない暖かい飲み物がお勧めです。





8:16ダイエットだけではなく、有酸素運動と無酸素運動を取り入れる

8:16ダイエット8:16ダイエットばかりにならず、軽い運動も取り入れましょう。

1日に8分の有酸素運動が良いとされています。

8分は簡単ですね。一駅くらいなら歩く、エレベーターを使わず階段を歩くなどして運動量を増やしましょう。

またダイエットで筋肉量が減ってしまっては代謝量が減ってしまいます。

軽い有酸素運動(スクワット、腕立て伏せ)なども取り入れましょう。

8:16ダイエットまとめ

慣れるまでは辛いかもしれませんが、健康に痩せられるのが8:16ダイエットです。

けんたけんた


自分なりにアレンジなどしながら健康で太りにくい身体を手に入れましょう!